経営所得安定対策支援システム

  1. ジーベック株式会社HOME»
  2. 各種農政事務支援システム販売»
  3. 経営所得安定対策支援システム

経営所得安定対策事業の申請を簡素化されませんか?

経営所得安定対策支援システムは、経営所得安定対策事業にかかる対象地番の管理を迅速・簡単に行うことができるシステムです。

現在、申請に使用されているシステムのデータをインポートし、地図情報との突合・連動をすることで、申請地番の確認・現地確認を簡単に行うことができ、旧戸別所得補償制度の申請及び地図データの移行も行えます。

また、事務の効率化が期待できると同時に、窓口対応の迅速化によるサービス向上も期待できます。

とのデータの一元化ができて、農地情報の集約化が可能です。

経営所得安定対策支援システムの特徴

導入前に聞かれた
自治体様のご不満
  • 担当者の引継ぎが大変である。
  • 対象地番の耕作者からの申請が紙ベースであるため、分筆・合筆に対しリアルタイムに地図上で確認できていない。
  • 事務処理が膨大である。
  • 既存システムでは、データのみ、図面作成が簡単にできない。
本システムの特徴
  • 登録したデータを、インポートするだけで、農地情報を地図上で把握できます。
  • 対象地番に対する異動の履歴を登録することができます。
  • 現況農地における分合筆が整理できます。現況農地における分合筆が整理できます。
  • 操作が簡略化され、作業が簡単にできます。
  • 市販の航空写真(国土地理院)を利用し、合成することが可能であるため、現地調査の手助けになります。
  • システム導入により、少数員数で管理ができ、効率的、効果的に運用が可能となります。

システム導入・運用フロー

経営所得安定対策支援システムでの作業

「経営所得安定対策支援システム」で作業を行う内容は大きく分けて下記の5つになります。

インポートと同時に、項目に対して合致しているかのチェックを行います。

農業者の対象地番を画面に表示することができ、印刷も可能です。

図枠・凡例付きの図面出力

他システムとの連携

農地を重ねた後

他システムと連携することで、土地の状況把握が簡単に!

農地基本台帳の基になります。

データを重ねることでのメリット

  • 農地が対象としている制度を確認することができる。

  • 制度上、禁止されていることを確認できるため、未然に防ぐことができる。
    (例)経営所得安定対策対象地が「耕作放棄地」として登録されていた。 など…

パンフレットのダウンロード

下記のボタンから「経営所得安定対策支援システム」のパンフレット(PDF)をダウンロードできます。

24時間365日受付中!! お問い合わせフォームはこちら

他支援システムを見る

  1. ジーベック株式会社HOME»
  2. 各種農政事務支援システム販売»
  3. 経営所得安定対策支援システム
ジーベック用語集 PAGE TOP