農振農用地間支援システム

  1. ジーベック株式会社HOME»
  2. 各種農政事務支援システム販売»
  3. 農振農用地間支援システム

農振農用地の管理・見直しをされませんか?

農振農用地管理支援システムは、農業振興地域にかかる対象地番の管理を迅速・簡単に行うことができるシステムです。

台帳データと地図データが連動することにより、事務の効率化が期待できると同時に、窓口対応の迅速化によるサービス向上も期待できます。

とのデータの一元化ができて、農地情報の集約化が可能です。

制度を理解したコンサルタントシステム

導入前に聞かれた
自治体様のご不満
  • 担当者の引継ぎが大変である。
  • 事務処理が膨大である。
  • 数年に一度の見直し時に作成する整備計画書(冊子:紙ベース)で管理している為、分筆・合筆に対し、リアルタイムで確認できていない。
  • 図面作成が簡単にできない。
本システムの特徴
  • 農地の地目、地積、地番、農振農用地区域指定及び除外等の情報を地図上で把握できます。
  • 対象地番に対する異動の履歴を登録することができます。
  • 現況農用地区域における分合筆を整理できます。
  • 操作が簡略化され、作業が簡単にできます。
  • 市販の航空写真(国土地理院)を利用し、合成が可能になり、現地調査の手助けになります。
  • システム導入により、少数員数で管理ができ、費用対効果があります。 他 多数

システム導入・運用フロー

農振農用地間支援システムでの作業

「農振農用地間支援システム」で作業を行う内容は大きく分けて下記の5つになります。

※用途区分、着色の色は協議の上、決めることが出来ます。
また、異動履歴の登録が可能です。

協議した用途区分・着色で設定できます。

対象地番に対する、異動履歴を登録しておくことができます。

図枠・凡例付きの図面出力

対象地番の一覧表をエクセル形式でファイル出力されます。

操作・設定ミスが確認できる便利な機能付き

本制度は国の補助事業であるため、会計実地検査の対象となります。作業システムを利用して作業を行う事で、複雑な手続や図面・帳票の一元管理が行え、正確で誤りのない申請を行う事ができるとともに、時間・労力の省力化ができ、費用対効果が果たせます。また、経年の変化による申請内容も保存しておく事ができますので、検査の際の資料として利用する事ができます。

※誤操作・制度上の誤りについては、「エラーリスト」(独自機能)が表示されますので、エラー内容を解決する事により、要綱に沿ったデータが出来上がります。

現地状況が把握できる
本制度は交付金を受ける上で複雑な規定(傾斜角度・面積算出等)があります。本システムは、航空写真・地籍図等で現地の状況を確認しながら、規定に沿った内容で自動計算を行います。
図面・帳票の一括管理が可能である
本制度は作業が複雑であるため、異動等で担当者が変わった場合に、引き継ぎ及びその後の制度内容の理解等に多大な労力が必要と考えられます。作業システムは、作業フローを簡略化しますので、引き継ぎ等にも効果を発揮します。また、合併に伴う旧市町村の内容把握にも、システムデータを利用する事で効果的に対応できます。
第4期対策の事務処理が可能である
第4期対策で追加となる、超急傾斜等にも対応します。(予定)

他システムとの連携

農地を重ねた後

他システムと連携することで、土地の状況把握が簡単に!

農地基本台帳の基になります。

データを重ねることでのメリット

  • 農地が対象としている制度を確認することができる。

  • 制度上、禁止されていることを確認できるため、未然に防ぐことができる。
    (例1)農振農用地=中山間対象農地である。
    (例2)中山間対象農地が『耕作放棄地』として登録されていた。 など…

パンフレットのダウンロード

下記のボタンから「農振農用地間支援システム」のパンフレット(PDF)をダウンロードできます。

24時間365日受付中!! お問い合わせフォームはこちら

他支援システムを見る

  1. ジーベック株式会社HOME»
  2. 各種農政事務支援システム販売»
  3. 農振農用地間支援システム
ジーベック用語集 PAGE TOP