「階調」とは

  1. ジーベック株式会社HOME»
  2. ジーベックのサービスに関する用語集
  3. »
  4. 「か」からはじまる用語
  5. »
  6. 階調

階調

よみ: かいちょう

色や明るさの濃淡の段階数を指し、ディスプレイやプリンタ、スキャナなどの画質を決める要素の1つで、色や明るさの表現力の単位として使われる。階調が多いほど、色や明るさの変化を滑らかなグラデーションで表すことができ、自然に近い描写ができる。モノクロの場合は2階調であり、濃淡を白と黒の2段階で表現する。カラー画像では光の3原色のRGBのうち、1つの色についての階調の制度を示す。

経済産業省が定めた電子化保存の4つの要件のうち、「見読性」においては文書をカラーでスキャニングした際に256階調、150dpi以上であることを目安として定めている。

牽引 50音から検索

数字

アルファベット

意味を知りたい用語の頭文字に該当する文字をクリックしてください。

  1. ジーベック株式会社HOME»
  2. ジーベックのサービスに関する用語集
  3. »
  4. 「か」からはじまる用語
  5. »
  6. 階調
ジーベック用語集 PAGE TOP